【BIGBANG NEWS】日本の「コンサート動員力ランキング2017」TOP50が発表!韓国からはBIGBANG&iKONがランクイン
“兄弟グループ”BIGBANGとiKONが、公演型アーティストの動員力を正確に証明した。

最近、日本の日経エンターテインメントは、「コンサート動員力ランキング2017」TOP50を発表した。YG ENTERTAINMENT所属のBIGBANGとiKONが上位に名を挙げ、ワールドクラスの人気を誇示した。

このランキングによると、BIGBANGは全20回の公演で102.2万人の観客を動員し、最終的に2位を記録した。iKONは33回、46.3万人を記録し、12位を占めた。また、BIGBANGのメンバーの中で、現地での活発なソロ活動を続け、しっかりとした地位を固めたD-LITEとG-DRAGONがそれぞれ30位、34位を記録した。1位に輝いたのは、全37回の公演で130.3万人を動員した三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEである。

BIGBANGは2015年と2016年、2年連続で1位を占めたことがある。今回のランキングは、海外アーティストだけでなく、日本の現地の歌手まですべて含まれているもので、特別な意味がある。

併せて、ファンの熱い声援に力づけられてYGは今年、日本だけで200万人を超える観客動員数を達成した。

このように、YG所属アーティストたちが、世界的に高い観客動員力を維持している要因として差別化されたパフォーマンス、ライブクオリティ、演出力が挙げられる。

BIGBANGは日本で海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアーで合計420万5500人余りを動員する驚異的な大記録を立てた。

最近日本ドームツアーを終えたBIGBANGは、本日(30日)から2日連続ソウル高尺(コチョク)スカイドームで年末コンサートを開催する。今回の公演のためにメンバーたちは意気投合し、過去11年間の歴史を網羅し、歴代級のステージを披露する予定だ。

今年の日本ツアー史上自身最長、最多公演記録のiKONは、来年1月に韓国でカムバックする。また、ファンの希望を積極的に受け入れ活発な国内活動に集中する予定だ。

G-DRAGON、チョン・ウソン&クァク・ドウォンをBIGBANGのコンサートに招待…映画「鋼鉄の雨」がきっかけ

日本のコンサート観客動員力ランキングが発表!BIGBANGから防弾まで、K-POPアーティストも多数ランクイン 引用元:Kstyle