【BIGBANG NEWS】G-DRAGONからmiss A出身スジまで…スターたちの素敵な親孝行が話題に(総合)
親孝行する芸能人としてBIGBANGのG-DRAGONが言及され、特に彼の著作権が注目を浴びた。

最近韓国で放送されたMBCバラエティ番組「セクションTV芸能通信」では、親孝行する芸能人が紹介された。

この日、親孝行スターに対して、円卓の記者たちがそれぞれ芸能人を紹介した。まず、miss A出身のスジが言及された。彼女は厳しい家庭環境のため、学生時代からフィッティングモデルをしたという。また、JYPエンターテインメントのオーディションに合格してmiss Aとしてデビューし、特に映画「建築学概論」で国民の初恋となり、人気を博した。その後、スジは大きく成功し、親孝行というニックネームにふさわしく、両親にカフェ、自宅、乗用車をプレゼントしたという。JYPにも、100億ウォン(約10億円)に売上を上昇させたということで目を引く。

次はGirl's Dayのヘリだった。彼女も厳しい家庭環境のため芸能人を始めたという。そしてGirls' Dayとしてデビューし、大きく注目を浴びたのは「本物の男」での“愛嬌チャル(短い動画)”で、CMで10億(約1億円)の売上を挙げた。その後、ドラマ「応答せよ1988」以来、100億少女となった。ヘリはCMで収益を上げ、両親に自宅や自動車をプレゼントしただけではなく、老人福祉のために5,000万ウォン(約500万円)を寄付した。

イ・ヒョリも親孝行する歌手として選ばれた。彼女も過去厳しい家庭環境だったが、Fin.K.Lとしてデビューしてソロでも大成功し、両親に高級マンションをプレゼントしたという。

次は、男性芸能人に対する言及もあった。何よりG-DRAGONに注目が集まった。彼は、入隊して軍服務中であるにも関わらず、1年間の著作権収入が8億ウォン(約8,000万円)に及ぶということで衝撃を与えた。G-DRAGONは両親のために10億相当の別荘までプレゼントしたという。 引用元:Kstyle